化粧品選びのこだわりマイルールを拡散したいサイト

MENU

持ちの良さとナチュラルさを重視

私が化粧品を選ぶ上で一番重視していることは、キレイが長持ちするかどうかです。私はどうやら他の人より皮脂量が多いらしく、アイメイクが崩れやすいのが昔からの悩みでした。奥二重の形も、アイライナーやアイシャドウが色移りしやすい原因になっていると思われます。

 

そのため、アイシャドウを選ぶ時は必ず「ロング・ラスティング」という表記のあるものを選びます。

テスト用サンプルを手の甲に塗って試してみて、着け心地やサラサラ具合を入念にチェックします。
私の経験上、細かいパールの入っているロング・ラスティングのアイシャドウは色持ちがよく、二重の溝に溜まって寄ってしまったりしにくいので、好んで使っています

 

マスカラやアイライナーはウォータープルーフのものしか購入しません。しかしウォータープルーフのマスカラはまつ毛に負担がかかるため、何か大事な用事がある日などのみに使用します。普段はアイラインとアイシャドウだけでアイメイクをごまかしています。
化粧1

化粧品選びで2番目に私が重視しているのは、いかにナチュラルに隠したい部分を隠し、目立たせたい部分を目立たせてくれる商品か、という点です。

ある程度の年齢を重ねると、気合の入ったバッチリメイクは老け顔の原因にもなります。カバーするところはしっかりカバーして、全体の仕上がりはなるべくナチュラルに抑えることが、日ごろから手軽にできるアンチエイジングの手段です。

 

ファンデーションはカバー力の高い、薄付に仕上がる物を愛用しています。フェイスパウダーも素肌感の出る色の、少しだけ細かいパールの入っているものを使っています。チークも自然に色づくように、ピンクと褐色の間くらいの色の物を選びます。

 

最近では派手な色のアイシャドウやカラーのアイラインは全く使わなくなりました。ベージュベースのナチュラルカラーのみを使っています。リップも自然な色の物を選んで使っています。アイブロウも以前はしっかり描いていましたが、今は自前の眉をそのまま生かしています。省けるところは省き、隠すところは隠すのが最近のお気に入りメイク術です。

長年悩み続けた私の化粧品選びのマイルール

現在40代のアラフォーの私ですが、中学生くらいの頃から化粧品に興味を持ち始めました。
最初は流行っているからとか、みんなが使っていて自分も試してみたいからという理由で化粧品を選んでいたと思います。

 

でも、その頃から私はニキビにとても悩まされて、あとは元々敏感肌だったのであまり合う化粧品がなくて大変でした。

 

でも年齢が上がるにつれ、海外の高級化粧品に興味や憧れを持ち始め値段が高ければ効果も高いと思い
とても緊張しながらデパートの化粧品売り場のカウンターへ行ったのを想い出します。

 

その化粧品は若い私にはとても高価でしたが、これでキレイな肌になれるのなら良いのか思いもあり、毎日少しづつ使い始めました。
化粧2

確かに、その化粧品は付けるとスルスル肌に入り込む感じがして香りもよく使い続ければきっと良いのかなと思いましたが、でも、それは最初だけで今思うと私のニキビ肌にはとても負担が掛かった感じがしました。

 

そう思っても高価で使わないと勿体ないので全部使い切りましたが、私の肌はキレイにはなりませんでした。
その後も20代の頃はかなり高価な化粧品に期待を込めて凝りずに買い続けていましたが、徐々に自分の肌質の事が分かるようになってきて、シンプル思考になってきました。

 

アロマテラピーに凝っていた時に本で読んだ自分で作る化粧水を見て早速試してみる事にしました。

精製水にグリセリンを混ぜラベンダーのアロマオイルを入れて作ってみたらビックリするほど私の肌に良いと思いました。

 

肌に合わない物は付けた瞬間でピリピリしたりしてシックリこなく肌荒れを起こすので、この手作り化粧水には驚きました。

 

その化粧水は今でも使い続けていて10年くらい経ちますが、40代になりそれだけでは物足りない感じがさすがにしてきたので、現在は無印良品のアンチエイジングの化粧品を少しだけ付ける感じのお手入れ方法になりました。

 

長年悩み続けてきた化粧品事情ですが、今はポイントメイクのみ海外ブランドの化粧品を使う現在の状態です。

私の化粧品選び。石鹸で落ちるかどうかがポイントです。

30代後半くらいからファンデーションを付けるのが辛くなりました。ムズムズして苦しいんです。特にリキッドタイプのものは肌が息苦しく感じてしまいます。さらにクレンジングを使った後の肌のガサガサ感といったらひどいものです。いくら化粧水やクリームで保湿してもゴワゴワして見た目もぼろぼろになりました。肌がこんな状態ではファンデーションを付けても全然綺麗にならないどころか、余計に肌が汚く見えてしまってメイクするのが憂鬱になってしまいました。
化粧3

そうは言ってもすっぴんでいられる訳もなく、何とかしたいと思った私はひとまずクレンジングをやめることにしました。

顔を洗う時に使うのは石鹸のみです。純石鹸と呼ばれる固形タイプのものにしました。クレンジングをやめてしばらく経つと、肌の状態はかなり良くなってきました。しかしクレンジングを使わないとなると、メイクは石鹸で落ちるものを選ぶ必要があります。マスカラやアイライナーはお湯で落ちるタイプのもので良い商品が色々と出ているので探すのに大して苦労することはありません。

 

ファンデーションに関しては石鹸で落ちるミネラルファンデが色々出ていて、カバー力や色味などメーカーによって様々ですが、これも色々と試しているうちに私の肌にも合ったものが見つかりました。

 

問題はチークとアイシャドウです。

ミネラルファンデのメーカーからも色々なものが発売されていますが、自分の気に入るものとなると中々見つかりません。トレンドもありますしね。そこで、チークとアイシャドウはメーカーにこだわらず自分の気に入ったものを使ってみることにしました。使ってみてわかったのですが、パウダータイプのものであれば石鹸でも大抵落ちます。もし落ちなかったら残念ですが、その商品は使わなければ良いだけです。こうやって私の化粧品選びは、石鹸で落ちるかどうかということがポイントになりました。

 

オールインワンジェル選びのマイルール

オールインワンジェルでは基本的にはハリがしっかりでるかを重要視!!
だってオールインワンなんだからしっかり見た目も感触もしっかりピーンってならないと怪しい感じします!!

 

フィトリフトなんかは効果を感じやすい商品かなーって思っててあとはコンシダーマルとかも敏感肌にはオススメかな